更新

カミソリ負けしない髭の剃り方! 【深剃り】のコツは「順剃り」と「逆剃り」の使い分け!!

カミソリ負けしない深剃りを実践するにあたって、まずは毎朝の習慣として自然に行っている「髭剃り」とは、顔に直接カミソリの刃を当てるという、それなりに気を遣うべき行為であるという認識を新たにしましょう! 今回レクチャーする、順剃りと逆剃りを上手く使い分ければ、安全に【深剃り】できちゃいますよ!!

section02

カミソリ負けしない【深剃り】できる髭の剃り方

1. 事前に肌を濡らす「ウェットシェービング」を!

剃る前に濡らすとイイことばかり!?

出典:シック公式HP

まず大前提として、髭剃りは毎朝の洗顔の前に行いましょう。
しかし、朝起きたばかりの肌に直接肌をあてるのはNGです。
起き抜けの乾燥した肌は、完全に無防備な状態。 そのまま髭剃りをしてしまうと、シェービングを原因とする、深刻な肌トラブルを起こす可能性が増大します。
よって、髭剃りの前には、マッサージや蒸しタオルはもちろんのこと、ぬるま湯などで髭を剃る場所を濡らしましょう。
髭は水分を含むと約40%膨張して柔らかくなると言われています。 さらに肌の表面に着いたホコリや皮脂も適度に取り除くことが可能になります。
肌を濡らしてから髭を剃る、その名も「ウェットシェービング」、オススメです!

2. プレシェーブローションでよりスムーズに!

ローションが滑らかな滑り心地を提供してくれる

出典:シック公式HP

シェービング前に顔を濡らすだけで、髭が柔らかくなり、カミソリ負けしにくい状態になりますが、よりスムーズなシェービングを行いたい場合は、プレシェーブローションを使いましょう。
刃を当てる場所に事前にローションを塗ることで、より確実に肌が保護され、さらに肌がうるおうことで、滑らかで刃が剃りやすい状態になります。

3. 最初は毛の流れに沿って剃る「順剃り」からスタート

T字カミソリを使う場合は、必ず「順剃り」→「逆剃り」の順番で!

出典:シック公式HP

ウェットシェービング+プレシェーブローションによって、髭と肌の状態がよくなったら、いよいよシェービング剤を塗布します。 T字カミソリでのシェービングの際に注意すべきポイントは、最初は必ず毛の流れに沿って剃ること。 いわゆる「順剃り」です。
頬・アゴ・鼻の下、もみ上げの下部分・首筋…など、すべての部位において、最初は髭の向きに沿って剃り落としましょう。
そのように全体を上から下に剃り落として、剃り残しが気になるようだったら、そこで初めて、下から上の流れに沿った、いわゆる「逆剃り」を行います。
逆剃りは、【深剃り】にも効果を発揮しますが、それと同時に、髭と一緒に肌の角質も剃り落としてしまう場合があります。
その結果、いわゆる〝カミソリ負け〟の状態となり、肌トラブルへと発展します
また、逆剃りとは、言葉のとおり、従来のヒゲの向きと逆方向に引っ張って剃る行為です。 それを無理に繰り返すと、〝毛穴が開いた状態〟になり、やがては色素沈着(肌の色素が落ちたままの状態)へとつながり、ヒゲが濃く見えてしまうことにもなるのです。
さらには、無理な逆剃りを長く繰り返すと、本来皮膚の外に伸びていく毛が外に出ず、皮膚の下にヒゲが埋まってしまう〝埋没毛〟が発生する可能性も高まります。
いずれにせよ、逆剃りを行う際は決して力を入れ過ぎないように注意しましょう。 一定の圧力で剃り落とすのがポイントです。
繰り返しになりますが、T字カミソリでの正しいルーティンは、順剃り→逆剃りの順番です。 T字カミソリでシェービングする際は、必ずこの順番を守りましょう。

 

追記: 上記で解説した「順剃り→逆剃りの順番」が正しいのは、T字カミソリでのシェービングです。
電気シェーバーでは、その反対である「逆剃り→順剃りの順番」が正しいので注意してくださいね。
※その理由は…毛の流れと同じ方向で剃る、“順剃り”から始めると、髭が短くなってしまうことで、後半は無理にシェーバーを押しつけることになりかねず、その結果肌を傷める原因となってしまうから…です。
詳しくはコチラの記事をチェック!
T字カミソリでの「正しい髭の剃り方」 http://biyodanshi.com/20160418post-1712/
電気シェーバーでの「正しい髭の剃り方」 http://biyodanshi.com/20160419post-1762/

4. 髭を剃り終わったら必ず水で洗い流すことを忘れずに

タオルで拭いただけじゃダメ!

出典:シック公式HP

順剃り→逆剃りの順番を守って、髭が剃り終わったら、水やぬるま湯でシェービング剤及び、肌に付着した髭を洗い流しましょう。
水などで流さず、タオルで拭き取るだけではNGです。
剃った髭が残ったままでは不衛生ですし、シェービング剤などが肌に付着したままだと、肌トラブルの原因にもなりかねません。
髭を剃った後は、必ず、ぬるま湯や水で顔を洗い流すことが大切です。

5. おまけ〜「上手な髭の剃り方」動画をチェック!〜

ジレットジャパン公式による「髭剃りレクチャー動画」


とても丁寧に解説してくれてる動画なのでぜひチェック!

カミソリ負けしない【深剃り】できる髭の剃り方 のまとめ

  • 1. 朝起きてすぐに刃を当てるのはNG!
  • 2. まず水で濡らすウェットシェービングを実践しよう!
  • 3. プレシェーブローションを使えば肌にも優しい!
  • 4. 「順剃り」→「逆剃り」の順番を守って剃ろう!
  • 5. 残ったシェービング剤と剃った髭は必ず水で洗い流そう!

この記事を書いた人

毎朝自分の顔に刃物を当てるって結構大変なことだよね?

ユアン ソープ

石鹸が好き。手を洗うのはもっと好き。ちょと潔癖症気味の美容男子編集部員。みなさまのお役に立つことを第一とした“実のある”コンテンツづくりをモットーとしています。座右の銘は【いい塩梅】。ときどき落ち込んだりもするけれど、石鹸は元気です。

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (1)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事