背中ニキビの原因と治し方! 背中のブツブツ(吹き出物)を即効で治すには!?

背中ニキビ
くがさわ

くがさわ

2016/07/12

自分では気づきにくい【背中ニキビ】。背中には皮脂腺が集中しているうえに、衣服で蒸れやすいので、吹き出物になりやすく、自分では見えないので、重症にもなりやすく、治っても繰り返し発症しやすい、いわゆる〝難治性ニキビ〟なのです…。今回は、そんな背中ニキビを克服して、いつでも脱げる〝背中で語れる男〟になるためのレクチャーをお届けします!

背中のブツブツを即効で治して〝背中で語れる男〟になろう

1. 背中ニキビの原因とは?

「アクネ菌」と「マラセチア菌」に気をつけろ!

出典:重症ニキビ治療専門クリニック メディアージュ皮膚科クリニック

そもそも、なぜ〝背中ニキビ〟はできてしまうのでしょうか?
ほかの部位に発生するニキビと同様に、その要因は様々です。
以下5つにまとめました。

① アクネ菌の増殖

ニキビの原因としてよくあげられるのが「アクネ菌」ですが、誰にでもいる常在菌です。皮脂をエサにしています。
背中の肩甲骨周辺は、身体の中でも多くの皮脂腺がある場所で、皮脂が多く分泌されるので、そのアクネ菌が増殖しやすい部位なのです。

② 生活習慣と食生活

過度のストレスや睡眠不足が続くとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが過剰に分泌されます。
さらに、男性ホルモン自体が皮脂の分泌を増加させる働きがあり、血流を悪くして毛穴を詰まらせます。
その結果、肌がニキビのできやすい状態になります。

血糖値を上げてしまう炭水化物や糖分の多い食事、皮脂分泌を多くしてしまう動物性の食べ物などばかり食べていると、男性ホルモンが刺激され、さらに過剰な皮脂分泌がうながされるという悪循環に陥ってしまうのです…。

③ マラセチア菌による炎症

「マラセチア菌」…聞きなれない言葉ですが、こちらも誰にでもいる常在菌です。
正確にはカビの一種で、身体にできるニキビの多くは、この「マラセチア菌」によって引き起こされます。

アクネ菌と同様、皮脂を食料として、湿気のある場所を好むので、皮膚の角質層の厚い背中は、特に白ニキビができやすい部位になります。
また、皮脂を閉じ込めた白ニキビは、マラセチア菌の絶好のすみかになりやすく、白からさらに発展した〝赤ニキビ〟など炎症を起こしやすいのです。

④ シャンプーなどの洗浄剤の身体への洗い残し

背中は自分では見えない部位でもあり、しっかり洗えていないと、余分な皮脂が落ちていなかったり、古い角質が残ったりすることがあります。
また、すすぎが不十分だと、石鹸、シャンプーやトリートメントなどせっかく肌を清潔に保つために洗っても、その洗い残しが毛穴に詰まってしまい、それらがニキビの原因になってしまいます。

⑤ 寝汗

人は寝ている間にたくさんの汗をかきます。
その平均は…「コップ1杯分」にもなると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

そのように毎日大量の自然な発汗作用があるのに、シーツやパジャマをこまめに洗濯しなければ、その汗や皮脂の汚れによって、寝床が雑菌の温床になってしまい、おのずとニキビが発症しやすい環境になってしまいます…。

2. 背中ニキビの治し方とは?

男も女もキレイな背中に憧れます…

出典:Getty Images

その原因がわかったところで、早速ですが、その治し方をレクチャーしますね。
大きく分けて、以下の つになります。

① 清潔に保つ

汗をかいたらこまめに拭いたり、出来れば着替えましょう。
長時間、汗をかいた状態でいると、その部位が蒸れてしまい、おのずと雑菌を増やすすことになり、その結果として背中ニキビを悪化させます。
シャンプーや石鹸の身体へのすすぎ残しを防ぐために、お風呂では上から順番(※頭→顔→身体の順)に洗うように心がけましょう。

② 保湿をする

肌を健康な状態にすることで、ターンオーバーを正常にし、背中ニキビの改善や予防につながります。
また、忘れがちですが、衣服の上からも紫外線は吸収されるので注意が必要です。
さらに、意外と背中も乾燥しているので、お風呂上がりの清潔な状態で、肌の保湿をしっかりと心がけましょう。

③ こすらない、刺激を与えない

これはニキビケアの基本ですが、いくらニキビが気になっても、掻いたり無駄に触ってはいけません。自分では見えない箇所なので、触るときに力加減ができないことで、思ったよりも跡になりやすいのです…。

直接肌に触れるインナーは汗の吸収の良い綿素材がおススメです。
夏場の〝さらさら系インナー〟や冬場の〝暖かい系インナー〟は化学繊維で出来ているものが多く、肌に刺激になることがあります。
自分の肌に合わないと、背中ニキビの原因になるケースがあるので、充分に注意しましょう。

3. おすすめ「背中ニキビ」ケアアイテム

ここからは、背中ニキビの治療に効果的な、オススメのニキビケアアイテムをご紹介しますね。


ビタミン&ミネラルがたっぷり!

ドクターシーラボ 薬用アクネレスローション

メーカー:ドクターシーラボ

価格:3,024円(税込)

容量:150ml

厚くなった角質層を柔らかくして、毛穴詰まりを予防!
肌に嬉しいビタミン、ミネラルがたっぷり入ったローヤルゼリー配合で、肌の保湿力をアップ!
繰り返す背中ニキビの悪循環をクリアします。

楽天市場へ


殺菌・抗真菌作用に優れた「ティーツリー」を配合!

ティーツリーウォーター

メーカー:ラッシュ

価格:1,337円(税込)

容量:100ml

肌をさっぱり清潔に保ち、殺菌・抗真菌作用に優れた「ティーツリー」をつかった化粧水。
ティーツリーには、消炎作用や抗菌、沈静作用もあり、肌の免疫力を高めてくれます。
グレープフルーツの香りなので、リフレッシュできること間違いなし!

楽天市場へ


角質層が厚い背中にオススメ!

ACクリア アクネクールローション

メーカー:アルビオン

価格:4,800円(税込)

容量:120ml

毛穴をきゅっと引き締めてくれるクールタイプの化粧水。
クールな質感がベタつきを抑えてくれるので、これからの季節にもぴったり。
硬くなりがちな肌を柔らかくしてくれるので、角質層が厚い背中にもおススメです。

楽天市場へ


「どくだみ」配合でさっぱり&スッキリ!

草花木果 整肌スキンケアどくだみ(さっぱり)

メーカー:株式会社 キナリ

価格:3,024円(税込)

容量:180ml(約90回分)

江戸時代から色々な効能で使われてきた「どくだみ」。
どくだみのクセもなく、さっぱりするのにしっとりする気持ちの良い使い心地が特徴のスキンケアローションです。
繰り返す「大人ニキビ」にもオススメ。
同シリーズの石鹸も出ているので、いわゆる〝ライン使い〟も効果的です。

楽天市場へ


逆さまにしても使えるタイプのスプレーボトルタイプ!

オルビス クリアボディローション

メーカー:オルビス

価格:1,458円(税込)

容量:215ml

和漢植物由来の薬用ボディーローション。
自分ひとりでは中々アイテムがつけにくい背中でも、逆さまにしても使えるタイプのスプレーボトルなので、楽ちんです!
肌に優しい、無香料、無着色、無油分。
メントール配合で、つけた後もさっぱり爽快!

楽天市場へ

4. 自分でできる「背中ニキビ」対策&予防法

背中で語れる男になろう!

出典:Getty Images

背中ニキビを含めた、自分でできるニキビケアはたくさんあります。
まずは身近なところから見直してみましょう。

① 身の回りを清潔に!

]汗をかいたらこまめに拭いたり、着替えられたらなおベター。
直接肌に触れる、寝具やパジャマもこまめに洗濯しましょう。

② 刺激を減らそう

ニキビが気になっても掻いたり、触らないのが基本です。
背中ニキビならば、自分の目では見えにくいので、特に注意が必要です。

また、化学繊維の衣服を身につける際は、肌に刺激になることがあります。
お肌の荒れが気になり始めたらインナーや衣服を綿素材に変えてみましょう。

さらに、石鹸やシャンプーのすすぎ残しは、肌のダメージにつながります。
背中に残った洗浄剤が肌に悪影響を与えることで、背中ニキビの原因となります。
しっかりすすぎ残しの無いように洗い流しましょう。

そして、肌に合わない洗剤や柔軟剤も刺激になることがあります。
背中ニキビの直接的な原因が思い当らなかったら、洗濯洗剤や柔軟剤を変えてみるのも考慮してみてくださいね

③ 食生活も大事!

動物性食品や脂っこい食べ物、あるいは甘いモノなど、バランスの悪い食事を続けると、男性ホルモンの増加により、皮脂の分泌量が活発になり、その結果、ニキビができやすくなります。

食事のバランスを考えて、不足しがちなビタミンやミネラルも意識的に摂取すると、背中ニキビだけでなく、免疫力も高くなるので、肌ダメージの修復がスムーズになりますよ。

④ 生活習慣の改善

ストレスや生活習慣の悪化による睡眠不足は、肌に大きなダメージをあたえます。
いくらスキンケアだけ頑張っても、生活習慣が不規則なままだとなかなか改善できません…。
肌を清潔にしていて、食事もバランスよく食べているのに背中ニキビが治らない方は、まずは生活習慣を見直してみるのもよいかもしれません。

手に負えなくなったら…専門医に相談しよう!

背中は自分では見えない部位だけに、ニキビケアもなかなか簡単ではありません。
背中ニキビの原因になりやすい「マラセチア菌」は、顔ニキビの要因である「アクネ菌」よりも治すのが困難です…。
もし背中ニキビが長引いていたり、強いかゆみや炎症がひどいだけでなく、痛みも伴う…など、明らかに症状が悪化してしまったら、迷わず皮膚科に相談しましょう。

また、背中ニキビと汗疹(あせも)の違いも自己判断は危険です。心配な場合は専門医の診療を受けるのがベターです。

以下に、皮膚科で行う治療内容をざっくりと説明しますね。

■症状の軽い時

抗生物質、ビタミン剤、漢方薬などの内服薬を始め、外用薬としての塗り薬や、専門の道具を使ってニキビの皮脂を押し出す、「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」などがあります。

■症状の重い時

ピーリング、レーザー、光治療、ホルモン注射、イオン導入などがあります。
症状が重くなってからの治療は、保険適用外で高額になるのも多いので、皮膚科や専門クリニックで確認してからおこなってください。

いかがでしたでしょうか?
毎日コツコツ予防やケアをしていれば、背中ニキビは必ず改善されます。
適切なケアを行い、あきらめずに時間をかけて頑張りましょう。

「男は背中で語る」と言われるように、綺麗な背中の男性はとても魅力的です。
いつでも魅せられる〝男の背中〟を目指しましょう!

▲ページTOP

「背中のブツブツを即効で治して〝背中で語れる男〟になろう」 のまとめ

  • 1. 背中ニキビの原因のひとつ「アクネ菌」と「マラセチア菌」に気をつけろ!
  • 2. 優しさが大事! 刺激を与えるな!
  • 3. ホームケアで背中ニキビができにくい肌に改善!
  • 4. 食生活と生活習慣の見直しも大事!
  • 5. 手に負えなくなったら皮膚科も検討してみよう!

この記事を書いた人

毎日のケアで綺麗な男の背中を目指そう!

くがさわ

保湿命のアラサーライターです。どんなにマイナーな化粧水だって、肌に良いとわかったら試さずにはいられない保湿マニアです。お肌の潤いは心の潤い! 今日も美味しそうな肌を目指します。