その頭皮や顔のかゆみ…もしかして脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)かも!?

481447
MOMO

MOMO

2016/06/29

なんだか最近フケが多いし、頭皮が赤いかも…。その症状、もしかしたら脂漏性皮膚炎という病気かも! 頭皮ニキビと似ているけれど、これはまったくの別物。放置すると悪化して長期化する可能性もあるのです! 心当たりのある方は、今すぐチェック! 早めの治療と予防がマストな理由を教えます。

section02

脂漏性皮膚炎の症状と原因と治療について

1. その原因はカビ!? 脂漏性皮膚炎ってナニ?

皮脂線の多い場所に出る、湿疹やかさぶたを伴う炎症です

出典:アンファー からだエイジング

みなさんは「脂漏性皮膚炎」(しろうせいひふえん)というものを知っていますか?
赤ちゃんの顔や頭がぶつぶつと赤くなる「乳幼児の脂漏性湿疹」はなじみがあるかもしれませんが、実は大人も症状が出るのです!
しかも、赤ちゃんは自然回復することがほとんどなのに対して、大人になってからの脂漏性皮膚炎は治りにくく、ぶり返しやすいもの。

今回はそんなやっかいな脂漏性皮膚炎について、勉強していきますよ~!
まずはその特徴からみてみましょう。

皮脂線の多い場所に出る、湿疹やかさぶたを伴う炎症

脂漏性皮膚炎というぐらいですから、その発生場所は皮脂分泌の多い部位になります。
多いのは頭皮や顔。わきの下や胸などにみられる場合もあります。
高齢者の場合の発症は、とくに眉毛・鼻翼・口まわりなどに多く冬に悪化します。
地肌が赤く炎症してかゆみを伴う場合もあり、皮膚のかさつき・フケのような付着物を伴う湿疹などが出てきます。

マラセチアというカビ(菌)が発症に関与

ただのフケや頭皮ニキビと違うのが、「マラセチア」というカビの一種が症状悪化に関与しているという点です。
頭にカビ(!?)ときくとびっくりですが、マラセチアは皮膚の常在菌のひとつ。
大量発生しなければ、本来悪さをすることはないのです。

一度症状がでると、慢性化しやすい

乳児の脂漏性皮膚炎は、毛穴の未発達さが原因のため、成長とともに治ってきますが、大人になってからの発症は「脂漏性皮膚炎」であることを自覚しにくいうえに、自宅での完治が難しく、しばらくするとまた症状が出てくることもしばしば…。
慢性化すると薄毛につながる(!)ことも報告されており、決して気を抜けない症状なのです。

2. 気づかないうちにアナタもなっているかも? 脂漏性皮膚炎の症状とは?

患部が炎症を起こして赤くなっていたら…

出典:さいとう皮膚科クリニック

それでは、「脂漏性皮膚炎」とは、実際どんな症状なのかを確認してみましょう。
それぞれ一目見ただけでは「脂漏性皮膚炎」であるとは判断しにくいので、自覚がなくそのまま放置している人が大勢いるのが事実です。

さぁアナタは大丈夫でしょうか…?

患部が赤く炎症をおこす

まず、もっとも多くみられるのが、患部が炎症を起こして赤くなる症状
このときにかゆみを伴うこともあるます。
しかし頭皮の場合、炎症だけだと、本人が気づくこと自体が難しく、悪化して重症になってから、その対策に乗り出す人のほうが多いようです。

フケが増えたり、かさぶたが剥がれたようになる

炎症とともに皮膚が剥がれ、フケのように見えることもあります。
あるいはかさぶたのように、大きくベロンと剥がれてくることも!
この時点で、「あれ、なんかおかしいな」と自覚する人がほとんどですが、ただのフケ症だと思って放置する人がかなり多いです…。
単なる「フケ」によるものと、「脂漏性皮膚炎」による皮膚の剥離はまったく違うものですので、普段から頭皮を観察しておくとよいでしょう。

抜け毛が増える

さらに症状がひどい場合、「脂漏性脱毛症」(しろうせだつもうしょう)と呼ばれる、抜け毛に悩まされることもあるようです。
これは、皮脂の分泌過多によって、毛穴が炎症を起こし、髪が抜け落ちてしまうというもの。
毛穴の皮脂詰まりによって栄養が行き届かなかったり、細胞の代謝が低下し血行が悪くなってしまうことも要因のひとつとされています。

上記の症状の中で、アナタ自身は思い当たるものはありましたか?
どれも、「脂漏性皮膚炎」以外でも見られる症状ばかりですので、もしかしたら不適切な対処を行っている人もいるかもしれません。
間違ったケアをしていると、症状を悪化させてしまうことがあるので要注意です!

また、赤く炎症するのがニキビと類似しているため、頭皮ニキビと間違えることがよくありますが、その際の判断のポイントとしては、「上記の症状があるかどうか?」を目安にしてみてください。

参照記事 :「あれ、これって頭皮ニキビかな…?」と思ったら…

『頭皮ニキビがシャンプー中に触ると痛い…。その気になる湿疹の原因とは?』

頭皮ニキビがシャンプー中に触ると痛い…。その気になる湿疹の原因とは?
ルンルン気分でシャンプーしていたら、何やら頭に痛いで...

3. 皮膚科の受診が改善への最短ルート!

心配な場合は一度診察を受けてみると安心です

出典:Getty Images

脂漏性皮膚炎が疑われる場合、もっとも手っ取り早く確実に改善するには、皮膚科を受診することが勧められています。

これは、自分では脂漏性皮膚炎である判断が難しいことと、治療によって確実な効果を得られるから。
症状がひどい場合や、自分では対処が難しい状態なら、一度診察を受けてみると安心です。

病院での治療は、炎症を抑えるためのステロイドの外用薬や、菌を抑えるための抗菌外用剤を処方されることが多いです。
かゆみがある場合は、かゆみ止めの内服薬も処方されます。
さらに、症状の予防・緩和のためビタミン剤の処方もあるようです。

その人の出ている症状や程度によって、医師が使い分けを判断してくれます。

4. 今日から実践できる改善&予防法5選!

正しい洗髪&上手に過労やストレスを避けたライフスタイルを!

出典:Getty Images

前述した皮膚科での受診をしつつ、自分でできる改善のためのケアも同時に行っていきましょう!

普段から予防していくことで、脂漏性皮膚炎を防ぐことが大切です。

① 洗髪は正しい方法で行う

シャンプーは夜に1回、ゴシゴシこすらずに、優しく丁寧に洗いましょう。
洗髪後は、しっかりとすすぎましょう。
くれぐれもすすぎ残しがないように!
洗い方とともに注目したいのは、お湯の温度。
熱すぎると刺激になって症状を悪化させてしまう恐れがあるので、温度は38~39℃くらいで。
使用するシャンプーは、低刺激のものや、脂漏性皮膚炎に効果のあるアイテム(薬局などで市販されている抗真菌薬シャンプー)などを選んでみてください。

② 通気性のよい状態に患部を保つ

脂漏性皮膚炎の原因といわれているマラセチアは、カビの一種。
ムシムシ、じめじめしたところが大好きです。
その増殖を抑えるには、頭皮部分を必要以上に蒸れさせないこと!
帽子はこまめに外して空気に触れさせるなど、通気性のよい環境をつくるようにしましょう。
お風呂上りには、濡れた髪の毛をしっかりとドライヤーで乾かしてくださいね!

③ 紫外線を避ける

頭皮は紫外線をダイレクトに浴びやすい場所ですが、炎症を起こした部分が紫外線にさらされると、さらに症状をコジらせることになってしまいます!
普段から紫外線ケアをするのが、予防にも功を奏します。
外出するときは帽子をかぶる習慣をつけておくと◎。
日陰や建物内では、休憩がてら、帽子を脱いで、頭部が蒸れないようにしましょう。

④ ビタミンB群を多く取り入れ、刺激物は避ける

ビタミンB群の不足は、症状の悪化につながります。
意識してビタミンBの含まれる食品を摂取することは、改善に効果的なのです。
具体的には、レバー・しじみ・ほうれん草・トマト・キャベツ・しいたけなどがおすすめ。

また、皮脂分泌を促進させたり刺激を与えたりするものは、なるべく抑えるようにしましょう。
脂肪・糖分・カフェイン・アルコール・香辛料などは、必要以上に摂りすぎないように!

⑤ 規則正しい生活&十分な睡眠をとる

整った生活は、心身を安定させ、健康につながるとともに、脂漏性皮膚炎の予防や緩和にも効果的です。
生活習慣がお肌に影響するように、健やかな生活は症状の改善にも効果的!
充分な睡眠をとることも、意識したいポイントですね。
さらに、過労やストレスを避け、リラックスした気分で過ごせるように、ぜひご自分のライフスタイルに細かく気を配ってみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?

脂漏性皮膚炎は、みなさんが思っているよりとっても身近なものです。

しかしその実態を知らず、多くの人が「自分はそんな病気じゃない、ただのフケだ!」なんて思っていることが多かったりします。
そのため、気づいたときにはかなりの重症に…なんてことが多々あるのです。

仮に今は大丈夫でも、いつなっても不思議はない病気なのです。
今回の記事を読んでいただいて、「あれ、もしかしたら自分も…?」と、気になるポイントがあった場合は、今日から対策を行うことをオススメします!

また一度経験された方でも、脂漏性皮膚炎は、快復しても、再び症状を繰り返すことが多いので、継続してケアを続けていくことが大切ですよ〜!

▲ページTOP

脂漏性皮膚炎の症状と原因と治療について のまとめ

  • 1. 脂漏性皮膚炎は【カビが原因】!
  • 2. 脂漏性皮膚炎だと本人が気づかないケースが多い!
  • 3. 炎症、フケ、抜け毛が気になる場合は要注意!
  • 4. 皮膚科の受診こそが脂漏性皮膚炎の改善への近道!
  • 5. 脂漏性皮膚炎の改善&予防は日ごろのケアが効果大!

この記事を書いた人

普段から頭皮の状態を観察しておくのがオススメです!

MOMO

海辺の町に住むサーファー女子。面倒なことが大嫌いで、20代のすべてをノーメイク&ノースキンケアで貫き通し、30代を迎えて大後悔することに…。自分のような無頓着&汚肌難民を撲滅すべく、立ち上がったニューヒロイン!