薄毛ケアの前に知るべきこと!? 髪と頭皮のメカニズムを学べ!!

薄毛アイキャッチ
chimero

chimero

2016/05/30

「最近なんだか髪の毛が薄くなってきた気がする…」と心配になってきたあなた! 早く薄毛ケアを始めなきゃと思っていませんか? 薄毛ケアを始めるのも大切ですが、まずは髪と頭皮の構造と特徴を理解することが大切です。髪や頭皮についての知識を深めることで薄毛ケアを正確にアプローチできるかもしれませんよ。今回は薄毛ケアを始める前に知っていてほしい、髪と頭皮のメカニズムを学びましょう!


出典:Getty Images

髪と頭皮のメカニズム

1. 頭皮の構造とは?

頭皮も肌と同様です!

出展:http://healthil.jp

薄毛ケアを始める前にまず頭皮の構造を理解するところから始めましょう!
頭皮は表皮・真皮・皮下組織に分かれていて、表皮もさらに4構造に分かれています。
その表皮の4構造とは…

出展:http://phoenix-hair.com/

①角質層

②顆粒層

③有棘層

④基底層

となっており、番号を追うごとに下層となっていきます。
一番下に存在する基底層から細胞分裂を繰り返していき、最終的には角質層になります。
最終的に古くなった角質は剥がれ落ちて、やがてフケやアカへと変化していくのです。
このどんどん新しい細胞が生まれ変わりを繰り返していくことを「新陳代謝」と呼びますが、この生まれ変わりを繰り返すサイクルは、およそ2週間と言われています。

新陳代謝が正常に行われていると、フケやアカは目には見えませんが、新陳代謝のサイクルが崩れるとフケが目立ち始めたり、頭皮が乾燥してしまったりするのです。

2.髪の構造とは?

髪の毛1本1本も生命体です♪

出典:Getty Images

当たり前のようにある髪の毛ですがどんな構造をしているのでしょうか?
髪の毛と言われたらキューティクルくらいは聞いたことがありますよね。
キューティクルも含めて髪の構造について説明していきます。

髪は3つの部分からできており、1本の髪は3つの層からなっています。

出展:www.minx-net.co.jp

①外側がキューティクル

キューティクルは硬いタンパク質が主成分でできており、半透明のうろこ状のものが平らに4枚から10枚ほど重なって、髪の内部組織を守る働きをしています。
またキューティクルは内部組織を守る働きをしているので、キューティクルが剥がれることで髪のダメージは進行してしまいます。

②中間部をコルテックス

コルテックスとは髪の85~90%をしめていて、繊維状のタンパク質が主成分でできています。コルテックスの持つタンパク質、脂質の構造、水分量などで、髪の柔軟性や太さが影響されます。
またコルテックスに含まれているメラニンの量や種類によって髪の色が決まります。

③中心部がメデュラ

メデュラとはやわらかなタンパク質が主成分でできています。
外的刺激で空洞ができやすいのが特徴で、ここに沢山空洞があると、透過する光が散乱して、髪を白っぽく色褪せたように見えることがわかっています。

そもそも髪の組織は〝のり巻き〟に似ていて、海苔がキューティクル、ご飯がコルテックス、具がメデュラというようなイメージです。

3.ヘアサイクルを知ろう!

髪の毛にも寿命があった!?

出典:Getty Images

自然に抜け落ちていきます。
抜け落ちたところから新しい髪が生え始めこの繰り返していく周期の事をヘアサイクルといいます。
髪の寿命は約4~6年と言われていて、髪は1本1本ヘアサイクルが異なり、脱毛の時期が異なるため、通常はまとめて抜けることはありません。

ヘアサイクルは髪が生まれるところから始まります。
古い髪が毛根から離れると同時に、毛乳頭の指令によって毛母細胞が分裂を始め、新しい髪を作り始めます。
やがて新しい髪が成長すると、古い髪を押し出そうとし、古い髪は簡単に抜け落ちるようになります。
ちなみにシャンプーやブラッシングで抜けるのがこの頃の髪です。

さらに新しい髪は長く太く成長していきます。
髪は毛母細胞が活発に働き、4~6年にわたって成長を続けます。
そして、4~6年ほどを経て毛母細胞の力が弱まり、その成長が止まります。毛母細胞から離れた髪は、2~3週間ほどで、その成長を完全にやめてしまいます。

その成長が止まった髪は、だんだん上へと上がっていき、抜け落ちる準備を始めます。
数ヵ月程この状態が続くなか、毛根の奥では新しい髪を作る準備がスタート。
やがてまた新しい髪が誕生すると、上記の工程を繰り返していくというメカニズムです。

4.薄毛・脱毛の種類はどのくらいあるのか?

薄毛や脱毛ケアにはまず症状を見極めることから!

出典:Getty Images

薄毛・脱毛の種類は3つほどあり男性型脱毛症(AGA)、円形脱毛症、脂漏性脱毛症とあります。
以下に、原因と症状を説明していきます。

1.男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症は思春期以降の男性に起こります。前頭部の髪の生え際の後退や頭頂部の髪のボリュームが低下し、地肌が見えやすくなる症状がもっとも典型的で、抜け毛が多くなったり、毛が細くなり頭皮が油っぽいなどの症状が現れます。

その原因としては、男性ホルモン「テストステロン」が酵素により変換されてできた「ジヒドロテストステロン」の働きに関係して起こります。
男性型脱毛症は進行型の脱毛症なので専門の医師に相談しましょう。

2.円形脱毛症

円形脱毛症とは髪の毛が円形に突然抜けてしまう疾患です。一般的には10円玉くらいの脱毛が起こります。
頭部全体に広がるものや眉毛やまつげ、体毛などに及ぶ重度なものまであり症状もさまざまです。

円形脱毛症の特徴は何の兆候もなく突然脱毛が始まったり、頭部に地肌が見えることがあるというのが特徴です。
円形脱毛症になる原因は様々な説がありますが、疲労や感染症などの肉体的、精神的なストレスや体質的な素因があります。
もし円形脱毛症かなという症状が現れたら皮膚科医などに相談しましょう。

3.脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とはホルモンバランスの異常などで皮脂が分泌され、それらが毛穴を塞ぐことで毛穴周辺や毛根が炎症を起こし髪が抜けるという症状を起こします。
皮脂が毛穴が詰まることによって脱毛が起こると勘違いされやすいですが、実際は塞がれた毛穴付近で頭皮の常在菌が異常繁殖し、その影響で毛根部まで炎症が及び、髪が抜け落ちてしまい脱毛症が起こります。
脂漏性脱毛症を改善させるには、頭皮の炎症と皮脂の過剰分泌が治まるまでは刺激の少ないシャンプーで優しく皮脂を取り除き、頭皮の常在菌のバランスと保つのを心がけてましょう。
また食生活も改善し、ホウレンソウや魚介類など食物繊維を含むものを食べるようにして、脂肪分を多く含む食べものは控えるように。
激しいかゆみや痛みがある場合は皮膚科を受診し、医師に相談しましょう。

5.正しい薄毛対策とは?

ストレスが原因なら発散できる術を見つけましょう!

出典:Getty Images

薄毛を予防・改善するために今から出来ることは…

★栄養バランスのとれた食事とストレスを溜めないこと

★ストレスをうまく発散する

★タバコやお酒を控える

といったことを心がけて下さい。
基本的に生活習慣を整え、健康的な生活をすることが大切です。

また薄毛が気になるようになって来たら、育毛剤を使って育毛を目指すのもひとつの手。
育毛剤の効果をあげるには頭皮のマッサージも効果的です。
自分の薄毛のタイプを調べ、自分に合う育毛剤を見つけてみましょう。

あとは毎日のヘアケアが大切。毎日のシャンプーが頭皮を清潔に保ち、薄毛や抜け毛予防につながるのです。

▲ページTOP

髪と頭皮のメカニズム

  • 1. 毛髪はヘアサイクルで生まれ変わっている!
  • 2. 薄毛を予防&改善するためには健康な生活を送ろう!
  • 3. 薄毛が気になってきたら自分に合う育毛剤を使ってみよう!

 

ライター後記

頭皮と髪の構造についてだいたいは理解していただけたでしょうか?
薄毛を予防するためには、健康な頭皮と健康な髪を育てるための習慣が必要です。
栄養バランスが取れた食事をするようにし、規則正しい生活を心がけ、うまくストレスを発散しながら日々を過ごしましょう。

この記事を書いた人

ストレスこそ全人類すべての敵である!

chimero

2児のママで、ファッションや美容関係に興味津々です! 私自身も、素敵なママ&素敵な奥さんを目指しておりますので、みなさんのお悩みに役立つような記事を、たくさん書いていきたいと思っています!