更新

脂性肌を改善するためのスキンケア対策! これでオイリースキンとサヨナラしよう!

オイリースキンで、いつも肌がテカって困る! メンズなら「うん、オレも〜」という人がほとんどなのではないでしょうか。そんな脂性肌からキレイさっぱり卒業しちゃいましょう! とゆーことで、皮脂過剰の原因からスキンケア改善策まで徹底解剖! 解決のキーワードは「化粧水で保湿」! 皮脂のテカりで悩まない生活をアナタに!

section01

もうテカりで悩まない! 脂性肌の改善方法

1. 多くのメンズを悩ます脂性肌とは?

オイリースキンの原因は皮脂の過剰な分泌!

出典:Getty Images

脂性肌とは、読んで字のごとく、必要以上に皮脂の分泌が盛んな肌質のこと。オイリースキンとも呼ばれたりしますね。
活発な皮脂の分泌によって、肌がテカテカとしたり、ニキビのなかでも致命的な赤ニキビができやすかったり…。 それはもう世の男性たちの肌の悩みナンバーワンといっても過言ではないほど、たくさんのメンズがオイリースキンに悩まされているのです。
…で、このやっかいな脂性肌、見た目がテカテカするだけでなく、さらに困ったことには、皮脂の分泌が過剰であることで、様々な肌トラブルを引き起こす原因となっているのです…!

2. 肌が油っぽくなる原因を解明!

皮脂が過剰に分泌されるのには理由があります

出典:人気洗顔石鹸検証サイト

では、「皮脂の過剰な分泌」の理由について解明していきましょう。
おもな原因は以下の3つになります。
① 男性のほとんどが脂性肌 男性は、女性に比べてもともと皮脂の分泌が多い傾向にあります。その原因は、ホルモンの影響! 男性ホルモンには、皮脂の分泌を活発にする作用があるため、男性の多くが脂性肌の体質なのです。
② 皮脂を落としすぎて、さらにテカる! 皮脂の落としすぎも逆効果! 油っぽいからといって、過度な洗顔をしていませんか? テカりが気になるゆえに、おしぼりなどでゴシゴシ拭くのもいけません。 必要な皮脂まで落としてしまうと、油分が足りないと感知した肌は、自らを保護するため、さらに皮脂を出すことになります!
③ 勘違いの(間違った)スキンケア 上記に加えて、間違ったスキンケアも、オイリー肌の原因である可能性が大です…。 洗顔において、「自分は脂性肌だから、保湿はしなくても大丈夫だよね」「油分は多すぎるくらいなんだから、何もつけないほうがいいでしょ」…なーんてことを思っている男子諸君! いくら頻繁に洗顔しても一向に肌のテカりが改善しなかった…という経験はありませんか? 脂性肌でも、洗顔後の化粧水や乳液によるスキンケアは絶対に必要なんです!
④ 生活習慣、ストレスもオイリー肌をつくる また、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れも脂性肌に関係があります。 ストレスを感じると自律神経のバランスが乱れ、新陳代謝の低下や皮脂の過剰分泌につながります。 脂っこいものが好きな人、お酒の飲みすぎ、さらには喫煙といった習慣も、オイリー肌の原因になってしまうので注意が必要です。

3. オイリー肌が招く恐ろしい悲劇とは!?

脂性肌と肌トラブルの深い関連性

出典:Getty Images

さ・ら・に、脂性肌で困るのは、テカりだけではありません。 ほかにも様々な悲劇(=肌トラブル)が引き起こされる可能性があるのです!
以下、脂性肌における代表的な4大悲劇(?)をご紹介します。
① ニキビ 過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、炎症を引き起こしてニキビが発生します。 よくある思春期ニキビのほとんどが、余分な皮脂の分泌によるもの。 大人になってからのニキビは、生活習慣やストレスなども関係してくるので、総合的な対策が必要です。
② 毛穴トラブル 皮脂が過剰分泌されると、毛穴が詰まって大きく開き、肌のキメが粗く見えるようになってしまいます。 小鼻まわりの白いブツブツを角栓といいますが、これも皮脂が毛穴に詰まったものなのです。…アナタの小鼻はいかがでしょうか?
③ 肌のくすみ 過剰な皮脂分泌によって、肌がくすんでしまうこともあります。 毛穴に詰まった皮脂は酸化して、肌の再生(ターンオーバー)を遅らせます。やがて表面に古い角質が溜まりだし、その結果、肌が黒ずんで見えるのです。
④ 赤ら顔(脂漏性湿疹) 脂性肌は、赤ら顔の原因になることもあります。 赤ニキビがいくつもでき、治らないまま悪循環を繰り返し、さらには炎症や化膿によって皮膚が傷ついて薄くなり、毛細血管が透けることで、肌が赤く見えるのです。 また、赤ら顔の症状に悩む多くの人が、脂漏性湿疹という病気にかかっています。 これはカビの一種である菌が起こす皮膚炎で、皮脂の盛んな部分に発症し、肌の赤みを始め、“かさつき”や“かゆみ”といった症状も生み出します。
⑤ 薄毛 多くの方が意外に思ったかも知れませんが、オイリー肌が薄毛を引き起こすというビックリな関連性も報告されています。
そもそも頭皮が油っぽいと、毛穴に皮脂が詰まって毛の生え代わりがうまくいかなくなり、抜け毛を悪化させたり、脂漏性脱毛症を引き起こすこともあるのです。 毛穴が詰まっていたら、せっかく育毛剤などを塗っても地肌の奥に浸透しにくいですし、さらにはフケや湿疹の原因になる場合もあるのです。

4. 今すぐできる脂性肌を改善するための対策を教えます!

日々のライフスタイルを見直してみよう

オイリースキンさんにとってのマストな課題とはズバリ… 「余分な皮脂を抑え、うるおいを保つ」こと。
それを念頭においた上で、具体的な改善方法をみていきましょう。
① 毎日の「正しい洗顔」を徹底する! まずはきちんとした洗顔方法を身につけること! 油っぽいからといって、洗いすぎるのはNGですよ。 回数は1日2回まで、肌を傷つけず、やさしく洗うのが基本です。
正しい洗顔についてはコチラの記事『正しい洗顔シリーズ』をチェックしてくださいね♪ http://biyodanshi.com/20160714post-1214/ http://biyodanshi.com/20160714post-1210/ http://biyodanshi.com/20160714post-1206/ http://biyodanshi.com/201607141278/
② 皮脂を適切に除去する! 脂性肌に限らず、皮脂の量は多すぎても、少なすぎてもNGです。 ここからは、肌の保湿における余分な皮脂な皮脂を取り除くための方法をふたつご紹介します。
■油とり紙でオフ デイリーに使えて手軽な方法が、油とり紙で皮脂を吸収させること。 ただし、「余分な分だけを」とるというのを忘れずに! 1回に何枚も使わず、トントンと軽くおさえる程度でOKです。
■ホットタオルでオフ ハンドタオルを水で濡らし、500Wの電子レンジで1分温めます。やけどに注意しながら広げ、適度な温度になってから顔にのせてましょう。 3分のせたら、洗顔→化粧水→乳液で保湿。 こちらの方法は、1週間に2~3回程度のスペシャルケアとして取り入れてみてください。
③ 過剰な皮脂の分泌を抑える食生活を! 脂っこいもの、甘いもの、アルコールの取りすぎは、皮脂のもととなります。 栄養を得た皮脂線が、さらに活発化してしまうことにも! オイリー肌改善には、ビタミンB6、ビタミンEを含む食品がおすすめです。 具体的には、かぼちゃ・アボカド・モロヘイヤ・アーモンド・たらこ、まぐろ・パプリカ・鶏ささみ・鮭・バナナなどが挙げられます。 これらの食物を、普段の食事に少しずつでも摂り入れることを心がけましょう!
④ ストレスフリーなライフスタイルの実践! 脂性肌の原因のひとつとしてストレスが大きく関与していますが、これには明確な理由があります。 ストレス過多だと、ホルモン分泌の司令塔である視床下部がおかしくなってしまい、男性ホルモンの分泌に影響して皮脂分泌増加につながるのです。 どんなに必死になって脂性肌対策をしても、ストレスが原因だと、あなたのお肌はいつまでたっても油まみれのまま…。
まずは「自分がストレスを感じていること」を自覚して、なるべくリラックスした生活を意識してみましょう。 それらを実践するには、睡眠、食事、生活環境はもちろんのこと、フィジカルとメンタルに影響を及ぼすライフスタイル全般が関係してきます。 要は…「いつでも快適な気分でいることを心がける」…のが大切とゆーことですね。
以上、4つの改善方法をご紹介しました。
またも繰り返しになってしまいますが、オイリースキンにおいては、肌の余分な皮脂をオフすることに意識が向きがちですが、見逃しがちなのは「保湿」です。
仮に洗顔後の保湿ケアをしなかった場合、確かに一時的にはさっぱりします。しかし、それもつかの間…肌を保護してくれる保湿成分を補おうと、洗顔後はさらに皮脂線の動きが活発になってしまうのです。
「洗顔後、最初はさっぱりした感じだけど、ある程度時間が経つと、さらにテカってくる…」と感じる方も多いことと思いますが、それは上記の肌の保湿メカニズムが関係しているのです。
また、仮に皮脂を多く感じても、それは顔の表面だけで、肌の内部は水分不足になっているケースも多々あります。
何はなくとも、洗顔において肌のテカりを抑えた後は…、 油分の少ないさっぱりしたタイプの化粧水をたっぷりつけて保湿、さらに乳液で肌の潤いにフタをする…という、「洗顔→化粧水→乳液orクリーム」の肌ケアにおける一連のルーティンを守ることを徹底してくださいね。
辛抱強く、かつ諦めず、毎日地道に正しい洗顔・正しいスキンケアを行えば、きっとアナタを悩ます脂性肌は改善されるはずです!

▲ページTOP

「もうテカりで悩まない! 脂性肌の改善方法」 のまとめ

  • 1. 脂性肌…それは肌トラブルを呼ぶ憎いヤツ!
  • 2. 油とりすぎ・洗いすぎ・ストレス過多は、過剰な皮脂のモト!
  • 3. 皮脂トラブルは、ニキビ・くすみ・薄毛までも引き起こす!
  • 4. オイリー肌対策は「”余分な”皮脂の除去」&「保湿の徹底」がキモ!

この記事を書いた人

私も万年オイリー肌でしたが「正しい肌の保湿」を実践することでビックリなほど改善しましたよ!

MOMO

海辺の町に住むサーファー女子。面倒なことが大嫌いで、20代のすべてをノーメイク&ノースキンケアで貫き通し、30代を迎えて大後悔することに…。自分のような無頓着&汚肌難民を撲滅すべく、立ち上がったニューヒロイン!

記事の評価をお願いします

  • 評価する (0)
  • 評価しない (0)

この記事をシェアする

RELATED POSTS / 関連記事