「美容液ってオレに必要なの…?」今イチよくわかっていないメンズのための美容液講座!

e724b3df601024399efef938540c84d0_m
くがさわ

くがさわ

2016/05/10

なんとなく肌に良さそうとは思っていても、メンズにとって、いまいちよくわからないのが「美容液」…。そこで今回は、ちょっぴり謎のアイテム(?)「美容液」の種類と効果的な使い方をまとめてみました。いつのもお手入れに、ほんのちょっとプラスするだけで、いつもと全然違うメンズ肌に確実に生まれ変わりますよ〜!

section01

これで差がつく!「美容液の効果的な使い方」

1. そもそも美容液とは(…なんぞや)?

美容液と化粧水との違いは…?

まず最初に、美容液って、なんとなく肌に良さそうだけど、化粧水や乳液とは比べて、いったいナニが違うんでしょうか?

そもそも美容液とは、基礎化粧品のひとつであり、

保湿や美白、アンチエイジングなど、それぞれの用途に有効な成分が濃縮して入っている、「リッチなスキンケアアイテム」なのです。

前述したように、美容液と一口に言っても、その効果は種類によって様々です。

その使い方も、通常は、洗顔後、化粧水などで肌を整えた後、乳液やクリームといった、一般的に油分を多く含むアイテムの前に塗ります。

この「化粧水」と「乳液 or クリーム」の間の塗るという【順番】が大切であることを、ぜひ覚えておいてくださいね。

大事なことなのでもう一度解説しますね。

美容液をつける、ベストなタイミングは…

① 洗顔:肌の余分な皮脂や汚れを落とす

② 化粧水:肌に必要不可欠な水分と潤いをあたえて整える

③ 美容液:肌に栄養をあたえる

④ 乳液 or クリーム:最後に栄養分が逃げないように、油分でフタをする

以上のルーティンを守ることが大切です。

また、その用途としても、化粧水だけでは物足りないとき、シワやシミが気になる…など、いつものケアにちょっとプラスしたい時にオススメです。

そんな美容液の形状も色々な種類があり、乳液のようなものからジェル状のものなど様々なタイプが存在します。

以下の解説を参考に、アナタの目的と好みに合ったタイプの美容液をセレクトしてください。

2. 美容液の種類とその役割について

美容液には目的別にたくさんの種類があります

では、実際に美容液を使用する際には、どのような用途や目的があるのでしょうか?

以下、それぞれの目的(お肌の悩み)をピックアップしますね。

① 美容液を使う目的とは…?

・保湿
・美白
・毛穴ケア
・ニキビ
・エイジングケア(加齢による、シワ、シミ、たるみなど)


細かく挙げるとキリがありませんが、ざっくり分けるとこれらの5つの目的に集約することができます。

今アナタが一番気になっている、お肌の悩み(目的)に対応した美容液を使いましょう。

② 美容液の役割とは?

先述したように、美容液には、肌の悩みを改善する力があると同時に、肌を健康にする有効成分を補給してくれる、まさに「栄養ドリンク」のような役割があります。

その一番大きな役割は、なんと言っても…「保湿力」です!

「ふ〜ん…」と思ったアナタ、肌にとって「保湿力」とはとても大事なんですよ?

そもそも肌が十分保湿できていれば、毛穴の開きやシワもできにくくなりますし、シミやシワなどができてしまってから使うよりも、その予防として美容液を使用すると、より効果が大きいのです。

また、なんとな〜く、「美容液って年配の人が使うイメージもあるけど…?」とゆーアナタ、それは大きな誤解です!

当然ながら、美容液を使用するのに、推奨年齢は存在しません。

何事もそうですが、エイジングケアにおいて、早すぎるということはありません。この記事を読んだ今こそが(?)、そのタイミングかも知れませんよ〜!?

3. 美容液には目的別に異なる成分が配合されています!

用途別に様々な成分が配合されています

ここでは、様々な美容液の中から、それぞれの目的別に配合された成分を解説します。

以下は、やや専門的な内容になりますが、アナタの目的に則した美容液をセレクトする際、これらの成分を参考にしてみてくださいね。

■保湿
・セラミド(保湿力、乾燥から守るバリア機能)
・コラーゲン(ハリ、弾力)
・ヒアルロン酸(保湿成分)
・スクワラン(保湿力、浸透力)


■美白
・高濃度ビタミンC誘導体(抗酸化作用)
・アルブチン(シミの予防)


■毛穴ケア
・コラーゲン(ハリ、弾力)
・エラスチン(弾力性の元になる)
・セラミド(保湿力、乾燥から守るバリア機能)
・ビタミンC(肌を引き締める)

4. 編集部おすすめ 目的別セレクト「美容液」9選

保湿
乳液のように伸びがよく、サラっとして使いやすい

出典:decencia(ディセンシア)公式HP

ayanasu(アヤナス)EVエッセンス

メーカー:decencia(ディセンシア)

価格:7,020円(税込)

容量:30ml

POLA系列の敏感肌専門ブランドであるdecencia。敏感肌で悩んでいるメンズにもオススメの美容液。
高浸透保湿のセラミド、酵母など美容成分がたっぷり入って保湿だけでなく、エイジングケアにもGOOD!
比較的サラッとしているので、伸びがよく乳液のように使いやすいです。ほんのりとした香りも◎

decencia(ディセンシア)公式HPへ

保湿
“お米”ならではの保湿力で肌がモッチモチに!?

ディープモイスチャーエッセンス

メーカー:ライスフォース

価格:10,800円(税込)

容量:30ml

日本人ならなじみ深い「お米」生まれのライスフォース・薬用保湿美容液です。
なかなかの高級美容液ですが、その保湿力は段違い。一度使うと手放せません!
実際につけた翌日は…顔がモッチモチです!
肌の水分保持を改善する効能があり、そのほかにも、ヒアルロン酸、ビタミンE、スクワランなど、肌に嬉しい成分がたくさん入っています。

楽天市場へ

美白
シミ予防研究の集大成と称される美白美容液

HAKU メラノフォーカス3D

メーカー:資生堂

価格:9,223円(税込)

容量:45g

これぞ“シミ予防研究の集大成”と呼べる逸品です。
メラニンの生成を抑制する美白に特化した、医薬部外品の美白美容液。紫外線の気になる季節にもオススメです。
つけてから少し時間が経ってから肌に浸透していくので、ベタつきが苦手な人も使いやすいですよ。

楽天市場へ

美白
洗顔後すぐにつけると効果的! オイルタイプの人気美容液

コスメデコルテ化粧液 モイスチュアリポソーム

メーカー:コスメデコルテ

価格:12,101円(税込)

容量:60ml

コスメデコルテの定番・美容液。
人気商品だけに、そのリピーターも多く、常にランキング上位に位置する常連アイテムです。
洗顔後すぐにつけるオイルタイプの美容液となっています。
コレをつけた後、いつものように肌ケアをすると…翌日の潤いが全然違います!?

楽天市場へ

毛穴
ヒト型セラミド・植物プラセンタを配合した話題の美容液

エトヴォス モイスチャライジングセラム

メーカー:エトヴォス

価格:4,320円(税込)

容量:50ml

乾燥からくる“毛穴の開き”に超絶おススメ!
ヒト型セラミド・植物プラセンタを配合した美容液です。
メーカーであるエトヴォスによると、ヒト型セラミドはセラミドの中でも保湿力が高く、仮に湿度0パーセントでも乾燥しないとのこと…。
落ち着いた天然ラベンダーの香りなので、つけた後はぐっすり眠れるかも!?

楽天市場へ

毛穴
“毛穴がピンチ”の時の強い味方!

I’m PINCH(アイム ピンチ)

メーカー:MIRAI

価格:2,574円(税込)

容量:10ml

ちまたで話題の美容液が、この「I’m PINCH」です。
まずこのネーミングに惹かれますよね?
とにかく、乾燥に強く“毛穴がピンチ”の時の強い味方。
国産大豆、納豆菌、米ぬかなどの発行エキスに、スクワランや水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸配合。
やっぱり、食べて身体に良いものは肌にも良かった! 納豆菌が入っていますが、安心の無香料ですよ。

楽天市場へ

ニキビ
ビタミンC、ビタミンEを配合した多目的美容液

オバジC20セラム

メーカー:オバジ

価格:7,500円(税込)

容量:15ml

ロート製薬の系列であるオバジ。成分としては、ビタミンC、ビタミンEを配合し、肌のキメ、ざらつき、毛穴ケア、美白など、より多角的に使えます。
特にニキビ跡が気になるときに効果的! 値段が量のわりに少々高めですが、ほんの1、2滴で顔全体に伸ばせるので、コスパよし!

楽天市場へ

ニキビ
“大人ニキビ”とサヨナラできる薬用クリームジェル

エトヴォス 薬用アクネVCクリームジェル

メーカー:エトヴォス

価格:4,860円(税込)

容量:50g

セラミドとビタミンC配合した美容液。
肌の乾燥やストレスを要因とする大人ニキビですが、持続力の高い油溶性ビタミンC誘導体や天草エキスが、敏感な大人の肌を優しくサポートしてくれます。
無香料・無着色でデリケートな人も安心。これで“大人ニキビ”とさよならできるはず!

楽天市場へ

エイジングケア
グリーンフローラルの香りでリラックスしたエイジングケアを

アルティミューン パワライジング コンセントレート

資生堂

価格:11,600円(税込)

容量:50ml

肌に均一に広がり、素早くなじむので、まるでシルクのようなスベスベの肌になります。
さらに、乾燥による小じわを目立たなくし、キメを整えてくれます。甘すぎないグリーンフローラルの香りなので、リラックス効果も期待できます。

楽天市場へ

以上、意外と知らない(?)「美容液」についてまとめました。

ご紹介したアイテムについても、結構お高い印象かもしれませんが、やはりそれだけの価値はあるとご理解いただければ幸いです。

これらの美容液を、普段のスキンケアにプラスするだけで、アナタの肌が変わります。

いつものスキンケアに、少し物足りなさを感じていたら、ぜひ一度トライしてみてくださいね!

これで差がつく!「美容液の効果的な使い方」 のまとめ

  • 1. 美容液=肌への有効成分が濃縮されたリッチなスキンケアアイテム!
  • 2. 美容液をざっくり分けると5種類!
  • 3. 美容液の最大の効果は保湿力にアリ。
  • 4. 洗顔→化粧水→美容液→乳液 or クリーム の順番を厳守!
  • 5. まれに、洗顔後すぐつけるブースタータイプもあるので要注意!

この記事を書いた人

美容液は「化粧水をつけた後につける」ことを忘れずに!

くがさわ

保湿命のアラサーライターです。どんなにマイナーな化粧水だって、肌に良いとわかったら試さずにはいられない保湿マニアです。お肌の潤いは心の潤い! 今日も美味しそうな肌を目指します。