更新

男も眉マスカラを使え!!眉毛をナチュラル変えて印象チェンジするテクニック指南!!

顔の印象を大きく左右すると言っても過言ではない眉毛ですが【眉マスカラ】1本あればすぐにイケメンに変身出来ます。そもそも眉は左右のバランスや太さ、さらに色で印象がガラッと変わります。女性がメイクの中でイチバン時間をかけるのはアイメイクと、難しい印象もあるかと思いますが、男性にとっては意外に低いハードルだったりします。というのも【眉マスカラ】だけで済むから。こんなにも手軽なのにコスパも最高なんです。しかもナチュラルな仕上がりなのもオススメしたい理由のひとつ。騙されたと思ってぜひチャレンジしてみて下さい!
※2018/04/01更新

1. 眉マスカラをメンズにオススメする理由!

これひとつで誰でも簡単に印象が変えられる!!

 

なぜ【眉マスカラ】を男が使うべきのか?

顔の印象を左右する眉毛ですが似合う形にカットしたり整えたりするよりもとにかく簡単だから。
しかもどんなに不器用な人でも簡単に眉毛の色を変えられて、とっても使いやすいんです!

眉に色をササッと乗せるだけなので、バレにくくナチュラルな仕上がりに出来るのも◎
髪色に合わせたり、印象を和らげたり、逆に強めたりなど、使い方も自由自在。
眉ペンシルよりも形を整えやすい上に、長時間つけていても落ちにくい点もオススメ!
という超魅力的なアイテムなのです。

 

そもそも、髪の毛や肌の色に合っていない…いわゆる眉毛だけが浮いた状態ってすごくマイナスな印象ですよね。
自分自身、ヘアサロンでのカラーリングの際に眉染めもあわせてお願いするものの、2週間くらいしかもたないのが悩みでした。

そんな時、【眉マスカラ】というアイテムに出会って、『これはかなり簡単&便利!』と愛用して早8年になります。
朝忘れてもコンビニで買えてしまう所も最高です。

 

また女性のように、完璧な左右対称眉なガッチリメイク美男子を目指すわけではありません。
あくまで〝身だしなみ〟程度ですが、手軽なのに簡単!一度使えば絶対に手放せなくなりますよ!

 

ただ一方で、女の子からすれば眉メイクも立派なメイクであり、化粧男子とやや敬遠される要素になりそうです(笑)。
しかし、美容男子的には「他人からの目線よりも、まずは、“美容を通して自分に自信を持つ”こと」こそが、もっとも重要だと思っています!! 大学生デビューの人や社会人デビューこそ【眉マスカラ】を使い、自分に自信を持って新しいスタートを切りませんか?

2. アイブロウ(眉メイク)に使うアイテムの種類を知る!

アイブロウの種類は大きく分けて3種類

アイブロウの種類

 

【アイブロウ(眉メイク)に使用するアイテムとは?】
①おすすめ!眉マスカラ
②定番!眉ペンシル
③便利!眉パウダー

 

アイブロウに使われるアイテムは大きく分けて上記の3種類。それぞれに良いポイントはありますが、今回は、先ほども紹介した【眉マスカラ】をプッシュ!
なぜなら、男性は女性に比べて、自眉(自前の眉毛)の量が多いので、【眉マスカラ】との相性がすごく良いのです。

 

また、たくさんの色が出ているので悩むことも多いのですが、眉マスカラはペンシルやパウダーに比べて色がはっきり出るので、購入の際には気持ち明るめのカラーを選ぶことをオススメします!

番外編. モテない!こんな眉毛はNGだ!

 

~~~モテない眉毛~~~
1.ナチュラルを通り過ぎて原始時代からタイムスリップしてきた眉
2.平安時代なら間違いなくトレンドリーダーなマロ眉
3.髪色が明るいのに黒く浮きだった眉
4.つながって見えるほど濃い両津勘吉系の眉
5.生まれつき?加齢?薄すぎて強面に見られちゃう眉
6.スポーツ部出身特有の抜きすぎて極端に細くつりあがった眉
7.太眉を気にし過ぎて剃った跡が青~い眉

 

…以上、「モテない眉毛」ベスト7でした!
何気に“あるある”状態だったのではないでしょうか(笑)。
しかし一方では、「手入れが完璧な男子眉毛はちょっとイヤ!」嫌という女の子の意見だってあるのも事実。男はあくまでナチュラルに見えつつ、綺麗、そして似合っている眉がモテのポイントになります。

 

◇ダサい&似合っていない眉毛はモテない!

 

眉毛がボサボサな人はがさつやずぼらな印象ですし、髪色と合っていない浮いた眉毛はダサい、さらに時代遅れなつり上がり眉や薄い眉毛は言うまでもなくダサい&怖い…。
そもそも第一印象を決めるの大多数は顔だと思いますが、そのほとんどの人が最初は瞳に目がいくという傾向があります。つまり人は瞳の上の眉毛も「意識せずとも目に入ってしまう」ポイントなのです。だからこそ手を抜いてはいけません。
眉毛ひとつでマイナス要因になるのは避けたいところですよね。

例えボサボサでも、髪色と合ってなくとも、つり上がり細眉でも、薄くても【眉マスカラ】がたった1本あれば何とかなります!

 

3. 簡単!【眉マスカラ】の正しい使い方

本当に簡単なの?使ってみればすぐにわかります!

 

Step1.

あらかじめ眉の長さを少し整えておきましょう!
眉用のコームブラシではみ出た分をカットするだけ。少し長めに残しておくのがベター。


Step2.


余分な液をティッシュで軽く拭き取ります。
※大量につけるとダマになりやすいので、まずは少量をとりましょう。

Step3.


まずは眉尻から眉頭に毛なみに逆らってマスカラを塗ります。(※裏にマスカラを乗せるイメージ)
次に眉頭から眉尻に戻るように塗ります。
※この時、逆さにつけて毛羽立った眉毛を整えてい行きましょう。毛が密集している眉頭は、とかしながら塗るとイイ感じになります。

何度か使えば両眉でも時間にしてわずか1分もかからないと思います。

もしもはみ出してしまったら…
少し水で濡らした綿棒で拭いて取り除けばOK。簡単に落とせるので間違っても指で消そうなんてチャレンジはしないで下さい(笑)。

 

上級者向けテクニック

【眉マスカラ】だけで眉の形を変えて、印象を大きくチェンジ!

出典:エサージュ オム

【眉マスカラ】で形を作る時は、最初の眉尻から塗りだすときに理想の形をイメージしながらラインを引き、眉頭から塗る時にその隙間を埋めていくだけOK!

 

【キリッとした眉】

 


昨年末の冬から女の子の間でブームの“ハンサム眉”は、キリっと男前で、いかにもな“デキる感”を与えてくれます。
ハンサム眉の特徴は直線的なライン。直線からはみ出た眉はカットしたり剃りましょう。
ナチュラルなハンサムさを強調するために、眉マスカラは濃いブラウンやチャコールグレーのようなダークな色合いがオススメ。

 

【柔らかい印象眉】

 


柔らかい印象を与える“ふわ眉”は、眉尻と眉頭の下のラインが同じ位置にあることが重要。
眉尻を少し足して下げるイメージで眉尻側から塗っていきます。
仕上げに眉毛用ブラシでとかせば、眉毛がふわふわになり自然な仕上がりになります。

 

【ハーフ顔眉】

 


眉毛でハーフ顔にするためのポイントは“目と眉の距離”を近づけること。
外国人風のイメージに寄せるため眉頭を下げましょう。
まずは薄くとったマスカラで、理想のラインを軽くひきます。そして出来るだけ並行眉にするとハーフっぽさがでます。
引いたラインから実際の眉毛までの空間をマスカラで軽く埋めていきます。
※毛が生えているイメージで塗るのがポイント!

あとは軽くティシュで押さえてあげればOK。ペンシルで1本ずつ書き足してぼかすやり方よりもスピーディで楽です。

 

4. メンズにおすすめ【眉マスカラ】を紹介

豊富なカラーバリエーションでどんな髪色にも合わせられる!

ケイトアイブロウカラー

眉マスカラ/アイブロウ/身だしなみ/メイク

メーカー:Kanebo(カネボウ)

価格:1,620円(税込)

容量:7g

高発色で大人気の眉マスカラ。光沢感があるのが特徴。値段もリーズナブルなうえに、とにかくカラーバリエーションが豊富。瞳や髪色、肌色に合わせて色々と試して似合う色を探そう!

今すぐ購入する

 

某人気コスメランキングで不動のNo.1

ヘビーローテーション  カラーリングアイブロウ

洗顔/洗顔石鹸

メーカー:Heavy Rotation

価格:800円+税

容量:8g

眉マスカラランキングで数々の雑誌やサイトで1位を獲得し続ける、ヘビーローテーションカラーリングアイブロウ。ひと塗りでしっかり決まるうえに、ぬるま湯でスルッと簡単に落とせます。それなのに…汗・水・皮脂・こすれに強い! これはかなりの万能アイテムです!初心者にオススメ!

今すぐ購入する

 

これもあると便利!眉マスカラに役立つアイテム

より自然な仕上がりにはコームブラシが◎

アイブロウコーム

アイブロウコーム

眉/眉マスカラ/アイブロウ/コーム

メーカー:ラヴェリオ

価格:800円+税

サイズ:幅33mm×奥行5mm×長さ175mm

とかすだけでなくカットするときにも使えるコームと、ブラシの一体型。ブラシで毛とマスカラを馴染ませるだけで、不思議と自然な眉があっという間にできます! お手入れも水で洗い流すだけでOKなので簡単ですよ。

株式会社ラヴェリオ公式HPへ

 

男が眉マスカラ使いこなすテクニックを指南!のまとめ

  • 1. 眉毛で顔の印象はかなり変わる!
  • 2.【眉マスカラ】はとにかく簡単&手軽でメンズ向き!
  • 3. 眉に色を乗せるだけ!ナチュラルな仕上がりに驚くはず

 

KING ZAKIYAMA

美容は男女互いに相容れず、忌み嫌われる物であるー。

小学生の時、HOT DOG PRESSから「モテる=男性の美」に目覚め、現在ではファッション誌からコスメ誌まで全般読み漁っている雑誌&美容ヲタク。美を極めると最終的に「中世的なおばちゃん顔」になるという持論を唱えている。

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事