いまさら聞けない! ヘアケアアイテム必要なもの、要らないもの

いまさら聞けない! ヘアケアアイテム必要なもの、要らないもの
奇礼出翔子(きれいでしょうこ)

奇礼出翔子(きれいでしょうこ)

2015/11/19

メンズヘアにトリートメントは必要か?

一般的なリンス・コンディショナー・トリートメントは傷んだ髪の修復、サラサラなロングヘアーを保つために使われます。よって、髪の短い男性には不必要!出典 :男のヘアケアにコンディショナーは必要か否か!? : 育毛大辞典

短い髪の人がトリートメント剤などを使うと、必然的に頭皮についてしまいます。これは頭皮にとっては害以外の何物でもありません。トリートメント剤などは、髪につけるもの。髪の短い人にはいらないものです。

このくらいまでの長さだったら。

このくらいまでの長さだったら

基本、トリートメントは必要ないです。髪が傷むよりも早く、カットの周期がきます。

ロングでウェービーなら

ロングでウェービーなら

使った方がいいでしょう^^
つまり、頭皮につかないことが肝心なのです。こういう髪型の人も、頭皮にはつけないように気を付けましょう。

髪が薄くなってきたんだけど、育毛剤を使うべき?

髪が薄くなってきたんだけど、育毛剤を使うべき?

髪が薄くなってきた時に、気になる言葉が「育毛」ですね。でも育毛剤ってほんとに効果があるの?

まず育毛とは、今生えている髪の毛を太く長く育てて抜け毛を少なくするような対策をすることをいいます。まだ髪の毛は残っているけど、薄くなってきた気がする方。ひどい抜け毛を何とか食い止めたい方。これ以上髪の毛を少なくしたくない方におすすめです。出典 :育毛と増毛の違い

自分の髪を健康にしていくことをめざします。あわよくば、新たに生えてくる量が増える時もあります。

本当に効果をあげたいなら、医薬部外品を使うことをお勧めします。また、きちんと効果があがるように、清潔な頭皮を保つような努力をしましょう。

ふけがとまらない・・・どうすればふけが止まる?

これはゲンナリ・・・(TT)

これはゲンナリ・・・(TT)

どれほどスーツが似合っていてもこれは残念ですよね・・・

フケには乾性と湿性の2種類があり、それぞれが別の要因で発生するものです。乾性はパラパラとはがれ落ちた皮膚片がまき散らされる症状で、不潔だから起きるというよりはむしろ、洗いすぎが原因で起きやすくなるトラブルです。出典 :フケ症の種類と対処方法 | 頭皮ケア | SBC毛髪再生医療センター(湘南美容外科)で本気の抜け毛対策・体験談!<本当の効果・副作用レビュー>

乾性のフケには、頭皮に潤いを

乾性のフケには、頭皮に潤いを

頭皮用のオイルです。

頭皮用のオイルは、化粧水よりも保湿力が高いと言われます。シャンプー前にこれでマッサージをすると、毛穴の皮脂を浮かせる効果があるそうです。もちろん、シャンプー後の保湿にも使用可能。皮脂の過剰分泌を抑え、頭皮を健康な状態にしてくれます。出典 :頭皮の乾燥を防ぐ保湿ケア

薬用のものもあります。

薬用のものもあります。

ローションタイプ。フケ、かゆみを抑えます

湿性はベッタリとした糊状のものが頭皮に付く症状で、皮脂分泌量の多い人に見られがちなものです。こちらも見た目が悪く、人には悪いイメージを与えてしまいます。出典 :フケ症の種類と対処方法 | 頭皮ケア | SBC毛髪再生医療センター(湘南美容外科)で本気の抜け毛対策・体験談!<本当の効果・副作用レビュー>

湿性は毎日の正しい洗髪と、脂っこい食事を避けたりその他の生活習慣の改善を行います。これらの初歩的な対処をしても全くフケ症の改善が見られず、またはひどくなるような時には、皮膚病や菌感染などが疑われるので、専門医を受診するなどの対処が必要になってきます。出典 :フケ症の種類と対処方法 | 頭皮ケア | SBC毛髪再生医療センター(湘南美容外科)で本気の抜け毛対策・体験談!<本当の効果・副作用レビュー>

髪は毎日洗いましょう。よく、髪が抜けるので洗わないという人がいますが、毎日洗う方がずっと抜け毛は抑えられます。頭皮を清潔に保つことが、とても大切なケアなのです。

メンズのヘアケア用品も、たくさんのものが出ています。それぞれの特徴と効能をよく知った上で、上手に使っていくことをお勧めします。

出典:http://www.karacure.com/pub/914b07bd3fa560914b0de5a7f6b16c2f

記者コメント

ここでイチバン肝心なのは、リンス・コンディショーナーの類。ナリシング効果といって、髪の1本1本をコーティングし、からまりにくくする成分が入っています。ロングじゃない限り、男性の髪にとって“必要”ではないのです。リンスにお金を使うなら、頭皮に良い天然成分がベースの高級シャンプーを買うのが美容男子の正解パターン。髪のきしみが気になってリンスを使いたいなら、とにかくシッカリすすぐこと。リンス成分が頭皮に残ると、薄毛の1因になるので要注意です