身体がサビる!?老化を防ぐ効果的な食べ物7選

身体がサビる!?老化を防ぐ効果的な食べ物7選
奇礼出翔子(きれいでしょうこ)

奇礼出翔子(きれいでしょうこ)

2015/03/27

鉄がサビてボロボロになるように、私たちの身体も日々酸化(=サビ)していることをご存知ですか?
外に置きっぱなしの自転車がサビてしまったり、切ったりんごが茶色く変色してしまったりと、酸素と結びつく「酸化」は老化現象。
私たちも酸素を取り入れて生きるエネルギーを生み出しているため、毎日少しずつ体内はサビているのです。
酸素を使ってエネルギーを生み出す際に発生する「活性酸素」は、体内を老化させる原因物質と言われています。

しかし、活性酸素はエネルギーを生み出す際に必ず発生してしまうため、体内での発生を防ぐことは不可能。
老化を促進させないためには、活性酸素の発生を最小限に抑える工夫や、発生した活性酸素を除去する工夫が必要です。
でも毎日サビていくならどうすれば…とお悩みのあなた!活性酸素は毎日の食事で除去できるんです。
食事は毎日しますし、私達が普段食べている食材の中には、この活性酸素を除去してくれる「抗酸化物資」が含まれた食材がたくさんあるのです。
そこで今回はアンチエイジングに欠かせない、体内の酸化を防ぐ食べ物をご紹介します。

食品その1:バナナ

バナナ

抗酸化作用が高い食品といえば、色が濃かったり、強いにおいがあったり…というイメージですが、
なんとさまざまな食品の中で最も抗酸化作用が高いのはバナナなのです。
バナナはアミノ酸や各種ビタミンの宝庫であり、食物繊維もたっぷりと含まれた食品です。
さらに抗酸化作用も高く、どこでも安価で手に入れることができます。
朝食に毎朝必ずバナナを1本食べるだけで、若々しい身体を手に入れることができます。

食品その2:カボチャ&ニンジン

緑黄色野菜

カボチャの黄、ニンジンの赤、ピーマンの緑…いわゆる緑黄色野菜の色は、カロチンという成分が含まれている証拠で、
抗酸化作用の高さのバロメーターです。
トマトに含まれるリコピンや、ナスに含まれるアントシアニンも抗酸化作用の高い成分です。
色とりどりの野菜を食べて、抗酸化作用の恩恵にあずかりましょう。

食品その3:キャベツ

キャベツ

上記2つの食べ物を紹介した際も触れた通り、色の濃い野菜ほど抗酸化作用が高いと言われていますが、実はキャベツの抗酸化作用は野菜類の中では飛び抜けて高いのです!
しかもまだ成熟していない、巻のゆるい若いキャベツの抗酸化作用が圧倒的に高いそうです。
春に出回る新キャベツは、必ずチェックしましょう。
その他の葉もの野菜ではほうれん草、ブロッコリー、ケールなどは、老化を止める力を持っています。

食品その4:大豆

大豆

大豆といえばイソフラボン=女性ホルモンというイメージが強いですが、実はこのイソフラボンも抗酸化作用が
高い成分なのです。
大豆はまさに、美容と健康の力強い味方。
豆乳を飲むもよし、味噌汁を飲むもよし、もちろん納豆や豆腐など、大豆の含まれた食品はたくさんあります。
また気軽に食べられるものばかりですので、男性も抗酸化作用のことも意識しつつ、毎日の食生活に加えるようにすると効果的です。

食品その5:緑茶

緑茶

抗酸化作用の高い飲み物としては、ポリフェノールが含まれている紅茶やウーロン茶、ココアやコーヒーなどもあげられますが、なんといっても最も抗酸化作用が高いのは緑茶です。
緑茶にはポリフェノールだけではなく、カテキンという抗酸化作用の高い成分が含まれています。
毎日摂取できる身近な食品として、緑茶をおおいに活用したいものですね。

食品その6:アボカド

アボカド

アボカドにはビタミンCが豊富に含まれ、若々しい美肌を保つ効果が期待できます。
また、ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、細胞の老化やシワを予防する働きがあります。
その他にも、ビタミンB群やβ-カロテン、骨を丈夫にするカルシウム、貧血を予防する鉄分などがバランスよく含まれています。
アボカドには含まれる脂肪分のオレイン酸やリノール酸は、コレステロールの吸収を抑え老廃物を体外へ排出するデトックス効果が
期待できるため、細胞を若々しく保ち、動脈硬化を防く働きがもあります。
アボカドはアンチエイジングのための完全食品といっても過言ではありません。

食品その7:アーモンド

アーモンド

ナッツには脳の機能を高めるオメガ脂肪酸や若返りのビタミンと言われる「ビタミンE」が豊富に含まれています。
特にアーモンドは、その含有量がダントツ!
アーモンドには、皮膚の「しわ」や「たるみ」の原因となる“糖化”を抑える働きがあります。
アーモンドは、ローストした物ではなく、無塩の生のアーモンドを1日に一握り食べるようにしましょう。
お酒を飲む方は、おつまみとして積極的に摂取するといいかもしれません。

いかがでしたか?
今回ご紹介した食材は簡単に手に入り、食べやすいものが多いので「普段食べないものだらけだった!」という場合は今日からぜひ毎日の食事に取り入れて、若々しい身体を手に入れて下さい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です